〒125-0035 東京都葛飾区南水元2丁目20−8​

03-5876-6911

Copyright © Re:Sea All Rights Reserved.

​散骨とは??様々な疑問にお答えします。

​ 散骨って何?

​どこでも散骨をしていいの?

​生前にお好きだった場所やゆかりの地へ散骨したいという方は、増えてきていますが、ご葬儀が終わり、火葬後の遺骨は、1つ1つが大きいために、一辺が2ミリ以下に粉骨をしなければ散骨出来ません。

又各市町村や自治体によってルールが定められていたり、他人が所有している土地も散骨はできません。​

一口に散骨と言っても様々な種類があります。

代表的なものとして

・海洋散骨

・樹木葬

・山散骨

・空中散骨

​などがあげられますが、これらをまとめて自然葬と言います。

1000人を対象にアンケートをとった所、散骨というと「海洋散骨」を思い浮かべる方が大多数でした。

​粉骨ってどこですればいいの?

​ご家族でされる方もいらっしゃいますが、ご心情的にお辛い場合が多いですので

​当社のように粉骨ができる会社に頼まれるのがよろしいかと思います。

​法律に触れないの?

日本の法律では、死体等遺棄罪(刑法190条)と墓地・埋葬等に関する法律(墓埋法)があります。

少し難しいですが、

死体等遺棄罪→「遺骨」を「遺棄」すると3年以下の懲役刑と書かれています。

ただし散骨に限っては「節度を持って散骨が行われる限り、違法ではない」という見解があるようです。

「節度を持って」というところが、あいまいですが、骨だと分からないように細かく(2ミリ以下)するという事のようです。

ここで勘違いをしがちなのが墓埋法です。

墓埋法→焼骨(火葬後の骨)の埋蔵は、墓地以外区域にはしてはならない」と書かれています。

埋蔵というと字の通り埋めること。

すなわち墓地以外の土中に散骨することは、墓地埋蔵法違反となります。

罰則としては、千円以下の罰金又は拘留若しくは科料となります。

ひっかけのようですが、墓地内以外では、土中に埋める方法での散骨は原則的にできないようです。

海や川の場合はと言いますと、

法律ではないのですが、漁業権が存在するところの場合は、漁業権者などから、精神的苦痛を理由に慰謝料請求や風評被害を理由とした損害賠償請求をされる場合があります。

​海外の場合も、法律や条例がありますので、自己判断せずに散骨会社へ相談しましょう。

​どんな人が散骨をしてるの?

​アンケートを取りますと、一番多いのは故人様の遺言で散骨をされる方です。

​近年、核家族化が進みお墓を代々守っていくことが難しく、後々の事を心配されて故人様が心配をかけないようにと生前にご家族に託しているようです。

次に多いのは、自然が好きだったからという方です。

​この場合、思い出の地などに散骨される方が多いようです。

今は、著名人の方々も多く散骨をされていますので、一昔程散骨に対しては、抵抗はないようですね。

 

散骨をされた主な著名人 ・・・ 石原裕次郎(俳優)さん 横山やすし(漫才師)さん 荒井注(俳優・コメディアン)さん 勝新太郎(俳優)さん 松本秀人(X-Japan)さん アインシュタイン博士(物理学者) ポールマッカートニー(元Beatles)婦人 など  

​全部の骨を散骨するの?

決まりはございませんので、一部のご遺骨だけ散骨されても大丈夫です。

​一部を残される方は、分骨用のお壺へ分けられ手元供養されたり、お持ちのお墓へと埋葬される方がいらっしゃいます。